J−POPアーティスト名鑑
 

中森明菜(J-POP〜アイドル)

  中森明菜のページアイドルの当たり年「花の82年組(松本伊代・小泉今日子・早見優・堀ちえみ・石川秀美・しぶがき隊)」と呼ばれて、
       今も活躍している、「中森明菜」。 良く対比される「松田聖子」と比べて、どちらかというと「陰」のイメージで売っていった。
       そして事件もあり、1年間歌手活動休業。 でも明るく戻ってきてくれました。 まだまだ頑張って欲しいです。

  
 
 TOPアイドル>中森明菜
音楽
 

中森明菜

   


  「中森明菜」を最初に知ったのは、デビュー曲の「スローモーション」です。その頃はアイドル全盛時代。

  う〜ん!何か本格的な「J-POP」は出てこないんだろうか?と思ってた毎日。
  歌番組も、アイドル、アイドル。 出てきては消えて行き、またまた新顔が出てくるという世界。

  そんな中今も生き残っているのはすごいことです。
  彼女がデビューした1982年はアイドルの当たり年で、松本伊代・小泉今日子・早見優・堀ちえみ・
  石川秀美・シブガキ隊等々、すごいメンバーがいます。
  彼女(彼)らを総称して「花の82年組」と呼ばれています。

  また、この頃アイドルの曲は、そうそうたるメンバーが、曲を書いていたのですよ。
  そのつど紹介していきますが、「中森明菜」も曲に恵まれました。

  歌の方は???というアイドルもたくさんいました。そんな中で、「中森明菜」は目を引いたんです。
  
  あっ!この子歌はうまい。 曲も良いんではないかい?。。。ルックスも、若々しく、
  ほっぺもちょっとふっくらとしてかわいい。(今の痩せた「中森明菜」より魅力がありました。
  本人は、気にしていたようですね。でも「少しふっくら」の方が良いんです)

  でもってその「スローモーション」を聞いてみましょう。デビュー当時の動画でどうぞ。

  
                                 
 
  
  「スローモーション」はそのとき注目を集めていた「来生えつこ・来生たかお姉弟」の作品です。
  この曲は、大ヒットにはならなかったものの、地道にロングセラー。
 
  本人もこの曲は気に入っているようです。

MENU
  TOP
  オールド J−POP
  グループサウンド
  フォークグループ
  フォークシンガー男性 
  フォークシンガー女性
  アイドル
  ジャニーズ系
  ジャパニーズロック
  ハロープロジェクト
  J−POP MAN
  J−POP WOMAN
  J−POP BAND
  ガールズロックバンド
  管理人プロフィール
 
アイドル 
 
  
2曲目に路線変更??「少女A」です。これが大ヒットしましたね。ヒットしましたが、私的には、そんなに好きな曲ではないいんですが。

  話題で売ろうとしているのが、見え見えで。 「明菜」本人も、いまいちだったそうですが、ヒットとはこんなものです。
  イメージが、、この曲でうえつけられたような気がします。

  でまた今度は、「来生えつこ・来生たかお姉弟」の曲に戻ります。私は、お〜!戻ってきてくれた、と思いました。
  「スローモーション」のテイストが、残っています。

  その曲は、「セカンドラブ」です。

  しかし、彼女は、少し不良少女的な演出をされていましたね。 「松田聖子」の「陽」に比べて、「陰」という感じもありました。
 
  次々にヒット曲を出します。「飾りじゃないのよ涙は」。「ミ・アモーレ〔Meu amor e・・・〕」で、1986年の第28回日本レコード大賞に「DESIRE -情熱-」
  で2年連続日本レコード大賞を受賞。 彼女の一番華やかな時代でした。

  この中でも「飾りじゃないのよ涙は」は、井上陽水が作った曲で、テレビ番組で、初顔合わせのとき、私はちょうど見ていたのですが、
  この二人、雰囲気がなんともつりあわないんですね。二人がよそよそしかったの、面白くて、良く覚えています。
  中森明菜が、少し避けてた?? それを井上陽水が、嗅ぎ取って。。。
  
  そして私がどうしても紹介したい曲に、めぐり合ったのは、1986年。「中森明菜」が全編、バラードの曲を出す!って聞いて、
  「ちょっと脱皮をしようとしているのかな?」と思って、買ってみようか位な気持ちで、購入したアルバムが「中森明菜」が
  アイドルを卒業したころの10枚目のアルバム、「CRIMSON」です。 

  しかし、聞いてみて、ちょっと私はがっかりしました。

  声を抑え目に出して、歌っているこれらの歌は、逆に歌い方に思い入れが強すぎて、私はちょっとひいてしまいました。

  でもでも、中に光る1曲が!それが「ミックジャガーに微笑を」という曲です。あまりなじみのない曲かもしれませんが、
  こんな静かな曲調ばかりの曲の中に、ロックな曲が入ってたら目立ちます。そしてこの曲が良い!
 
  さらに、この曲の構成(設定)がすばらしい。

  日常の中に溶け込んだ設定。それは、部屋の中で、カセットを聴いている「明菜」。カセットテープでしょうか?かかっている曲を口ずさんでいます。

  カチャ、カチャって言う音は「タイプライター?」(ワープロにしては、音が大きくて硬い。これはタイプライターだ!)時代を感じさせます。 
  
  そして、カセットを変える音、ここで「ミックジャガーに微笑を」がかかりますが、あくまでも
  まだカセットテープを聴いているという設定。 しかし途中から、ラジカセの中から歌が飛び出てくるんですね。これは鳥肌ものでした。
  私の中に入り込んできました。  
 

  説明が下手ですね。聞いてもらった方が早いです。アルバムの中に入ってるままを再現したいので・・・ このような曲です。

  わ〜!待ってみるモンですね。 そのままのPVが出てきました。 
  一生懸命説明しましたが、アルバムに入っている「ミックジャガーに微笑を」 です。
   

          
                   

  でもって、ライブも聴いてもらいましょうか。「ミックジャガーに微笑を」ライブ版!

  さて、気づいた方は少ないと思います。この曲は誰が作った曲だと思いますか?

  それがなんと「竹内まりや」なんです。「竹内まりや」の作った曲は、なんとなく分かりますが、この曲は、聴いてびっくりしました。
  こんな曲は「竹内まりや」のイメージになかったので。  なかなか、カッコ良い曲です。

  このアルバム「CRIMSON」のなかに、「竹内まりや」のヒット曲「」も入ってます。

  歌い方、ちょっとって言うか、大分抑え気味に歌っているでしょう?これが、あまり私には受け入れられなかったんです。
  そして、何で?ってくらいに痩せていますね。ほほもこけて。もうちょっとふっくらして欲しいと思うのは私だけでしょうか? 痛々しいです。

  さて、この後、事件が起きます。「少女A」で売り出した彼女だったのですが、本当に繊細な人だったんですね
  彼女は自殺未遂事件を起こしてしまいます。この後もちろん休養します。

  ああ!もうちょっと復帰できないのではないかと思いました。 イメージが悪すぎますよね。

  デモでも、帰ってきてくれました。素敵な曲を引っさげて。私も待っていたんですね。
  すぐにCDを買いに行きました、当時の8センチシングルCDです。
  
  曲が「Dear Friend」です。明るくなって帰ってきてくれました。うれしかったですね。

 
 
                  



  彼女、繊細ですが、明るくなって良かったです。

  その元気な姿が見れたのは、テレビドラマ「安田成美」と共演した「素顔のままで」。大ヒットで視聴率も良かったようです。

  そんな「中森明菜」は最近はどうしているのでしょうか?アルバム制作とコンサートで忙しいようです。。

  そうそう、「フォークソング」を歌っていると聞きました。 アルバムも出ています。
 
  まだまだ、明るい「中森明菜」を見せて欲しいものです。
  
  さてオフィシャルサイトを紹介しておきます。 「ユニバーサルミュージックによる公式サイト
  「中森明菜、オフィシャルサイト」です。

  

 
 
 女性アイドル(あいうえお順)
 CoCo  ribbon  Wink  アグネス・チャン  麻丘めぐみ 
 浅香唯  浅田美代子  あべ静江  天地真理 
 荒木由美子  石川秀美  石川ひとみ  石野真子 
 伊藤咲子 伊藤つかさ  岩井小百合  岩井由紀子 
 岩崎宏美  岩崎良美 うしろ髪ひかれ隊 うしろゆびさされ組
 太田裕美  岡崎友紀  岡田奈々  岡田有希子
 おニャン子クラブ  柏原芳恵  河合その子  河合奈保子 
 菊池桃子  木之内みどり キャンディーズ  工藤静香 
 久保田早紀  小泉今日子  香坂みゆき 
 ゴールデンハーフ 小林麻美  小柳ルミ子  斉藤由貴 
 酒井法子  榊原郁恵  桜田淳子  少女隊  高井麻巳子 
 チェリッシュ  中森明菜  中山美穂  長山洋子 
 西田ひかる   林寛子  早見優  原田知世 
 ピンクレディ  堀ちえみ  本田美奈子  松田聖子  
 松本明子  松本伊代  松本ちえこ  三木聖子  南沙織 
 南野陽子  三原順子   森口博子  薬師丸ひろ子 
 山口百恵  渡辺満里奈


 
Copyright (C) J-POP アーチスト 名鑑 All rights reserved