シュガーベイブ

シュガーベイブ


  このサイトの主旨それぞれの時代を過ごした若者に、感銘を与えた、J−POPのアーチストを、思い出せる限り紹介いたします。
    団塊の世代から、今の若者たちのために、私のコメントをつけながら紹介していきます。
    それぞれの、思い出のアーチストを、懐かしみ、現代のJ−POPで活躍しているアーチストの未来を占い、
    知られざる部分も掘り起こして紹介していこうと思います。

  
 
 TOPフォークグループ>シュガーベイブ
   
シュガーベイブ
   
 
 1973年結成。メンバーはそうそうたるメンバー「山下達郎」「大貫妙子」中心で「村松邦男」
 「鰐側己久男」「野口明彦」の5人のロックバンド。

 しかし、野口・鰐川が脱退。「伊藤銀次」「寺尾次郎」「上原裕」を加え、アルバム「Songs」発売。

 これがこの頃の一部のロックファンに受けた。シングル「DOWN TOUN/いつも通り」も発売。

 一般的には受け入れられずに、1976年解散。
 しかし時代が進むにつれ、山下・大貫、契約レーベル先の、大瀧詠一などの台頭により、
 再評価されている。
 




 フォークグループ(あいうえお順)
  NSP  RCサクセション  青い三角定規  赤い鳥  あのねのね  あみん  アリス  
  アルフィー  五つの赤い風船  ウイークエンド  オフコース  海援隊  甲斐バンド  
  かぐや姫    紙ふうせん  雅夢  ガロ  キャッスル&ゲイツ  グレープ  ゴダイゴ  
  サディスティック・ミカ・バンド  シモンズ   シュガーベイブ  ジローズ  ダ・カーポ  
  チューインガム  チューリップ  ディランU  トワ・エ・モア  ナターシャセブン
    ハイ・ファイ・セット  はしだのりひことクライマックス  ビリーバンバン 
  ふきのとう  古井戸  ベッツィー&クリス  マイペース  武蔵野タンポポ団  
  モコ・ビーバー・オリーブ  憂歌団  六文銭  ロックキャンディーズ
  キャッスル&ゲイツ
  
MENU
  TOP
  オールド J−POP
  グループサウンド
  カレッジフォーク
  フォークグループ
  フォークシンガー男性 
  フォークシンガー女性
  女性アイドル
  男性アイドル
  ジャニーズ関連
  ジャパニーズロック
  ハロープロジェクト
  J−POP MAN
  J−POP WOMAN
  J−POP BAND
  洋楽
  管理人プロフィール
  LINK
 
Copyright (C) J-POP アーチスト 名鑑 All rights reserved