吉田拓郎

吉田拓郎


  このサイトの主旨それぞれの時代を過ごした若者に、感銘を与えた、J−POPのアーチストを、思い出せる限り紹介いたします。
    団塊の世代から、今の若者たちのために、私のコメントをつけながら紹介していきます。
    それぞれの、思い出のアーチストを、懐かしみ、現代のJ−POPで活躍しているアーチストの未来を占い、
    知られざる部分も掘り起こして紹介していこうと思います。

  
 
 TOPフォークシンガー(男性)>吉田拓郎
   
吉田拓郎
   
 
 1946年4月5日、鹿児島県生まれ。

 1966年、コロンビアフォークコンテストに出場し、特別賞受賞、決勝退会で3位になる。
 1970年、シングル「イメージの詩/マークU」でデビュー、ファーストアルバム「青春の詩」発売。
 
 1971年、中津川フォークジャンボリーに出演。このステージ色々トラブルがあり、サブステージで
 観客の少ない中で、「人間なんて」をマイク無しで歌い続ける。(怒鳴り続ける)2時間近く怒鳴り続け
 観客も増え、共感を呼ぶ。
 小室等の「メインステージに行こう」野一言で、観客ともども、大移動。しかし演奏は中止される。
 これは有名な話である。

 同年、TBSの「パックインミュージック」のパーソナリティになり、ファン層をますます広げる。
 この年、後藤由多加と拓郎で、あの「ユイ音楽工房」設立。

 1972年、「結婚しようよ」リリース。大ヒットになる。
  同年、「六文銭」の四角佳子と結婚。これが、商業主義ととられ、コンサートでは、「帰れコール」
  を浴びる。
  「旅の宿」リリース。これも大ヒット。 アルバム「元気です」発売  全国ツアー開始。

 1975年、「小室等」「井上陽水」「泉谷しげる」と「フォーライフレコード」設立
  同年、「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」を敢行、6万人の観客を集め、
  伝説のコンサートになる。

 1978年、文化放送「セイヤング」のパーソナリティになる。

 その後の活動は、たくさんありますが、拓郎としては、割と一般的なので割愛します。

 ヒット曲その他、「シンシア」「となりの町のお嬢さん」「元気です」等

 嫉妬を含めて?・・・結婚歴を紹介します。
 2番目の奥さんは、アイドル出身の「浅田美代子
 3番目の奥さんは、女優の「森下愛子」この「森下愛子」は、日活ロマンポルノ出身(今の成人映画)
  私は、作品を見ました。スタイルはいいですよ〜
 




 フォークシンガー(男性)(あいうえお順)
  あがた森魚  荒木一郎  泉谷しげる  伊勢正三  因幡晃  井上陽水  忌野清志郎
  遠藤賢司  及川恒平  大瀧詠一  岡林信康  甲斐よしひろ  加川良  加藤和彦  
  かまやつひろし  上条恒彦  北山修  岸田智史  ケメ(佐藤公彦)  小坂忠  小室等  
  財津和夫  斉藤哲夫  さだまさし  さとう宗幸  佐野元春  杉田二郎  高石ともや  
  高田渡  谷村新司   長渕剛  なぎら健壱  西岡恭蔵  西岡たかし  長谷川きよし  
  浜田省吾  ばんばひろふみ  堀内孝雄  堀江淳  マイク真木  松山千春  
  円広志  南こうせつ  南佳孝  みなみらんぼう  山下達郎  吉田拓郎 
  
MENU
  TOP
  オールド J−POP
  グループサウンド
  カレッジフォーク
  フォークグループ
  フォークシンガー男性 
  フォークシンガー女性
  女性アイドル
  男性アイドル
  ジャニーズ関連
  ジャパニーズロック
  ハロープロジェクト
  J−POP MAN
  J−POP WOMAN
  J−POP BAND
  洋楽
  管理人プロフィール
  LINK
 
Copyright (C) J-POP アーチスト 名鑑 All rights reserved