J−POPアーティスト名鑑
 

井上陽水(フォークシンガー)

  井上陽水のページ 1948年8月30日生まれ。福岡県出身。 現在の奥さんはやはりフォークシンガーの「石川セリ」
      本名は「井上陽水」と書いて、「いのうえ あきみ」と言います
      1969年頃は、「アンドレ・カンドレ」の名前で活躍。デビュー曲「カンドレ・マンドレ」をリリースしますが
      ヒットせず。 シングル3枚出すが、反響が無く「アンドレ・カンドレ」の時代は終わります。
      1972年、芸名を「井上陽水」に変更。再デビュー曲は「人生が二度あれば」アルバム「断絶」の中の「傘がない」が注目されます。
      ここからが「井上陽水」の始まりといってよいでしょう

  
 
 TOPフォークシンガー(男性)>井上陽水
音楽
 

井上陽水

   


   私が「井上陽水」を最初に見たのは、当時知る人ぞ知る、ライブハウス「渋谷・ジャンジャン」であります。

   数十人くらいしか入らない小さなライブハウスでした。ライブの種類は多岐にわたりジャズや、
   三味線、フォークソング、ロックバンド。また落語などもやっておりました。

   「渋谷ジャンジャン」は地図で確認しますと、今の公園通りの2番街になるんでしょうか?
   昔はそこを公園通りと呼んでいたはずです。

   渋谷西武デパートとマルイシティの間の道をNHKに向かって歩く道の左側、
   山手協会の地下にありました。

   ここでは主に、新人アーティストたちが、ライブをやり、消えていったものたくさんあり、メジャーになった
   アーティストもたくさんいました。「フラワートラベリン・バンド」・「小野和子」・「ザ・モップス」・
   「
RCサクセション」(私が実際にここで見た、アーチストを書きました)
   そのほか、たくさんのミュージシャンを見ました。ミュージシャンの名前がどんどん出てきません。
   
   むむ!やはり消えていったミュージシャンが多かったのか、それとももう35年位前のこと、
   私の記憶の中から消えてしまったのか、少しぼけてきたのか。。。(-_-;) 

   ライブハウス「ジャンジャン」は1999年に無くなったんだそうです。

   私の地元大分の友人「K」(TOPページに書いてあります)と時々渋谷辺りで、遊んだりしていました。

   私はピンクのサファリジャケット、「K」はピンクのベルボトムのジーンズ。
   ピンクピンクで、今の「林家ペー・パー」見たいです。がそれがかっこよいと思っていました。

   渋谷で遊ぶって言っても、何か目的があっていくわけではありません。
   行き当たりばったりです。「渋谷ジャンジャン」に入った経緯も覚えていません。

   しかしその友人「K」と「ジャンジャン」で「井上陽水」のライブを見たことは、はっきり記憶しています。

   曲は、何をやったのか良く覚えていないのですが、そのとき2つの記憶が鮮明に思い出されます。


   風体はもうおじさん。たぶん歳は私が20才くらいなので、「井上陽水」は25〜6歳。いや〜!
   
MENU
  TOP
  オールド J−POP
  グループサウンド
  フォークグループ
  フォークシンガー男性 
  フォークシンガー女性
  アイドル
  ジャニーズ系
  ジャパニーズロック
  ハロープロジェクト
  J−POP MAN
  J−POP WOMAN
  J−POP BAND
  ガールズロックバンド
  管理人プロフィール
 
フォークソング
 
   もっと歳のように感じました。あっいや、失礼。

   ライブハウスの中は暗いのに、サングラスをかけて、これでギターの弦が見えるのだろうか?
   などと心配をよそに、なんだか落ち着き払っていました。

   記憶その1:演奏の途中で、ギターの弦が切れた! あっ!と思ってあわてたのは私たち。しかし「井上陽水」はあわてず
           騒がず「う〜ん。生ではこんなこともあるんですね。」と言いながら、またいろんな話をしながら、ギターの弦を
           張り替えていました。さすがです。

   記憶その2:アンコール曲は、「傘がない」。この頃は、ライブの内容が良くなければ、みんな知らん振り。
           アンコールがあると言うことは、ライブが良かった証拠。「傘がない」は、暗い歌!私は明るい曲が好き。
           でも印象に残ったのは、メロディーラインがしっかりしているから。

   その曲「
傘がない」を聞いて見ましょう。


                      



   まさに、この動画の風体で、こんな感じで歌っておりました。声も若いですね。 「冷たい雨が心にしみる〜〜」って、この曲も心にしみました。

   そんなこんなで、「渋谷ジャンジャン」でのライブのことは、時が経ち、忘れていました。

   そるとあるとき、ラジオでも「傘がない」がかかり始めたんですね。

   そして、そのときにはもう有名になったアルバム「氷の世界」は、リリースしていたんです。
   これがあれよあれよと言う間に、ミリオンセラーになりました。アルバムでは日本初だそうです。

   「氷の世界」の中では、「心もよう」が一番世間的には知られているのでしょうか?

   「井上陽水」はこの名前で活動する前に「アンドレ・カンドレ」と言う芸名で「小室等」の援護を受けて活動していたこともありますが、
   さっぱり売れなかったようで。

   井上陽水(ようすい)と改めて、シングル「人生が二度あれば」で再デビューし、日の目を見たんですね。

   私は、デビューシングルは「傘がない」だと思っていましたが、「人性が二度あれば」だったんですね。

   と言うことは、「渋谷ジャンジャン」でも歌ったはずです。 記憶にない!!!
   そして、デビューアルバムも「断絶」と言うアルバムで、この2曲が入ってたんです。

   また、「氷の世界」売れたことで「東へ西へ」・「紙飛行機」なども注目されました。

   「陽水」は暗い歌。の印象がガラッと変わったのが、これまた大ヒットしました「夢の中へ」です。

   この曲は、私ははまりました。あっ、明るい曲だ!もう心がわくわくしてくるような歌です。「
夢の中へ」イントロのツインリードギターが
   良いですね。


                       


   その後、「陽水」は「吉田拓郎」「泉谷しげる」「小室等」と、フォーライフ・レコードを立ち上げます。

   しかしマリファナ所持で、逮捕されそこから、一時世間から忘れられている状態になりました。

   次に注目されてのが、陽水のバックバンドを勤めていた「安全地帯」のデビュー。
   「井上陽水」が作り「安全地帯」が歌う「ワインレッドの心」がヒットします。 これがきっかけで、また「陽水」人気が復活。

   その「安全地帯」のボーカル「玉置浩二」とのデュオ「
夏の終わりのハーモニー」が私は好きです。



                      


   声の伸び方が似ているし、声質もあっているんでしょう。このハーモニーは、私絶賛です。
   歌唱力のある2人のハーモニーは、とろけるようです。

   その後の活躍は、中森明菜に歌詞と曲を提供した「飾りじゃないのよ涙は」、自信でもカヴァーしています。

   そして陽水自身の「いっそセレナーデ」がヒット。

   「奥田民夫」とのコラボ「ありがとう」が印象的。「ありがとう」は私の子供と一緒に歌ったこともあります。

   そうそう、「奥田民夫」との合作で有名になった曲がありますね。「PUFFY」の「アジアの純真」です。

   こんなすごい人物、「井上陽水」のオフィシャルサイトは「こちら」です。


   私は「井上陽水」の曲の中で「
少年時代」が一番好きです。淡々と、切々と力が入らすに歌い上げているこの曲が好きです。

                     



   でも最近はどうしているんでしょう。ライブは欠かさずやっているみたいです。  また表舞台に出てきてほしいですね〜。

   最近の活躍は、こちらでご覧ください。「井上陽水 オフィシャルサイト[Yosui Inoue Official Site]」です。

 
 
 フォークシンガー(男性)(あいうえお順)
  あがた森魚  荒木一郎  泉谷しげる  伊勢正三 
  因幡晃  井上陽水  忌野清志郎  遠藤賢司 
  及川恒平  大瀧詠一  岡林信康  甲斐よしひろ 
  加川良  加藤和彦   かまやつひろし  上条恒彦 
  北山修  岸田智史  ケメ(佐藤公彦)  小坂忠 
  小室等   財津和夫  斉藤哲夫  さだまさし 
  さとう宗幸  佐野元春  杉田二郎  高石ともや  
  高田渡  谷村新司   長渕剛  なぎら健壱 
  西岡恭蔵  西岡たかし  長谷川きよし   浜田省吾 
  ばんばひろふみ  堀内孝雄  堀江淳  マイク真木 
  松山千春   円広志  南こうせつ  南佳孝 
  みなみらんぼう  山下達郎  吉田拓郎 


 
Copyright (C) J-POP アーチスト 名鑑 All rights reserved