ランチャーズ

ランチャーズ


  このサイトの主旨それぞれの時代を過ごした若者に、感銘を与えた、J−POPのアーチストを、思い出せる限り紹介いたします。
    団塊の世代から、今の若者たちのために、私のコメントをつけながら紹介していきます。
    それぞれの、思い出のアーチストを、懐かしみ、現代のJ−POPで活躍しているアーチストの未来を占い、
    知られざる部分も掘り起こして紹介していこうと思います。

  
 
 TOPグループサウンズ>ランチャーズ
   
ランチャーズ
   
 
 「ランチャーズ」はどちらかと言えば、エレキ・ギターを使ったインストゥルメンタル・グループです。
 1968年「真冬の帰り道」が大ヒットしましたので、GSのカテゴリーに入れてしまったのですが、
 このグループも他のGSとは一線を画しています。

 「真冬の帰り道」は素敵な曲ですね。私も好きです。空で、演奏できます。
 そのくらい馴染んでいます。

 調べると、もともとは、「加山雄三とランチャーズ」で、加山雄三と一緒にやっていたのですね。

 メンバーの中に、「喜多嶋修」がいましたが、加山雄三が全盛の時代には加入していなかった
 そうです。
 加山雄三から離れて、「ランチャーズ」になってアルバムを発表し、その中に「真冬の帰り道」が
 入っていたそうです。
 




 グループサウンズ(あいうえお順)
  
  ヴィレッジシンガーズ   オックス   カーナビーツ  ゴールデンカップス  ジャガーズ
  スパイダーズ  タイガーズ  テンプターズ  ブルーコメッツ  ワイルドワンズ
  パープルシャドウズ  ランチャーズ  モップス  ブルージーンズ  PYG 
 
 
  
MENU
  TOP
  オールド J−POP
  グループサウンド
  カレッジフォーク
  フォークグループ
  フォークシンガー男性 
  フォークシンガー女性
  女性アイドル
  男性アイドル
  ジャニーズ関連
  ジャパニーズロック
  ハロープロジェクト
  J−POP MAN
  J−POP WOMAN
  J−POP BAND
  洋楽
  管理人プロフィール
  LINK
 
Copyright (C) J-POP アーチスト 名鑑 All rights reserved