J−POPアーティスト名鑑
 

松崎しげる(J-POP)

  松崎しげるのページ  
        1949年11月19日生まれ。 東京都出身。

          「ガロ」の前身「ミルク」というバンドにいて脱退。
          1970年、ソロ歌手として「8760回のアイラブユー」で、デビュー
          CMソング「黄色い麦わら帽子」で歌だけ世間に知られる。画像は、松崎本人ではなかったから。
          1977年、シングル「愛のメモリー」が大ヒット。念願の紅白出場なる。
          実は、以前属していた「ミルク」の2人が「ガロ」を結成して、先に紅白に出場し、悔しい思いをしている。
          1979年、ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」に出演。コミカルな演技で話題になる。

   
 
 TOPJ-POP MAN>松崎しげる
音楽
 

松崎しげる

   


   「松崎しげる」キャラの濃いタレント(アーティスト・歌手)ですね。
   肌の色も、真っ黒で濃いですが・・・

   私が、「松崎しげる」を最初に知ったのは、CMソング、「黄色い麦わら帽子」です。
   まずは、いきなりですが聞いてください。これぞJ−POP初期の曲です。



         



   この曲は「グリコアーモンドチョコレート」のCMソングで、CF(CMの動画)には確か「三浦友一」が
   出ていたと思います。
 
   ですから、この曲も「三浦友一」が歌っているとみんなからは思われていたようです。
   でも、もうこのときは私は、「松崎しげる」を知ってたな〜!

   そうなんです。これも「グリコアーモンドチョコレート」のCMソング「君は何を教えてくれた」が
   先だったんです。
 
   でもあの真っ黒な「松崎しげる」を認識したのは、「黄色い麦わら帽子」だったと思います。
        
MENU
  TOP
  オールド J−POP
  グループサウンド
  フォークグループ
  フォークシンガー男性 
  フォークシンガー女性
  アイドル
  ジャニーズ系
  ジャパニーズロック
  ハロープロジェクト
  J−POP MAN
  J−POP WOMAN
  J−POP BAND
  ガールズロックバンド
  管理人プロフィール
 
 
   まあどちらでも良いのですが、これは、後で知ったことなのですが、「松崎しげる」はもともと、「ミルク」というバンドに所属
   しておりました。

   そのバンドには、元「ガロ」の「堀内護(マーク)」と「日高富明(トミー)」もいたんです。

   そのときのマネージャーが「宇崎竜童」だったんです。 ミルク脱退(解散)後、この「宇崎竜童」マネージャーの下、デビューしますが、
   ぜんぜん売れずにいました。

   そうしているうちに、「ミルク」にいた、2人が、「ガロ」としてバンドを組み、「学生街の喫茶店」が大ヒット。「ガロ」は紅白歌合戦にも出場し、
   これを悔しい思いで、テレビを見ていたそうです。

   ちょうど「黄色い麦わら帽子」が流れていた頃の話です。

   その後何年かして、これも「グリコアーモンドチョコレート」のCMソングなんですね。でも知らない人がほとんどだと思いますよ。

   バラードで、「私の歌」です。私この曲が好きで、「松崎しげる」のファンになりました。いい歌ですよ。聞いてください「私の歌」


                    
    


   そして彼にチャンスが来ます。

   スペインで行われた「マジョルカ音楽祭」というのがありまして、「愛の微笑」という歌を歌い、最優秀歌唱賞と第2位を獲得しました。
   これで、日本でも脚光を浴びます。そして大ヒットのときが訪れます。 

   この「マジョルカ音楽祭」の曲「愛の微笑」のタイトルを「愛のメモリー」と変えて、リリース。
   そうなんです。この「愛のメモリー」は最初は「愛の微笑」という曲だったんです。私はそのころのことを知っていますので、
   「愛の微笑」の方が、その当時はピンと来ていました。今は「愛のメモリー」ですが。

   ではその「愛のメモリー」です。


                    
                
   

   若い「松崎しげる」が見れましたね。

   もうこの人、この「愛のメモリー」1曲で、悠々自適の生活を送っているように見えます。

   この明るさ、面白さ、コミカルなテレビドラマのも出ました。バラエティー番組にも引っ張りだこ。
   最近では「真っ黒」の「松崎しげる」で通っています。

   さて、こんな「松崎しげる」のコンサートを、私は一度見に行ったことがあります。もちろんそのときの彼女と一緒に。\(^o^)/
   場所は「新宿厚生年金会館」大ホール。楽しかったですよ。

   とにかく話が面白い。コンサートの半分近く話をしていました。だから、コンサートの時間が3時間半を超えていました。
   (普通は2時間から長くて2時間半)時間にすると長かったですが、あっという間に終わりました。もっと歌を聴きたかったです。

   そのコンサートでの出来事。彼は歌うのに、アクションがすごいんですね。片足を上に上げたとたん、なんとズボンの後ろが横に裂けまして。
   困った様子で、「今日はズボンの着替えを持ってきて無いんです」といって、そのままズボンが破れたままコンサートが続きました。

   愉快な人です。 そのコンサートには、ある有名人が・・・。コンサートの途中に「マツー!」という大きな声が。私たちのすぐ後ろにいたのは
   「西田敏行」でした。 そう「松崎しげる」はその頃「西田敏行」「志垣太郎」「田中健」「柴俊夫」らと仲が良いことは有名でした。
   「五人会」と呼んでいました。 その「西田敏行」が来てくれてたんですね。


   さて、「松崎しげる」に戻りましょう。

   彼は、もともとバンドを組んでいましたので、ギターを弾けます。しかし、彼は左利きなんです。

   右利き用のギターを反対に抱えて(そうすると、低い音を出す6弦が下になるんです)器用に、したから音をかきあげて、
   右利きの人が普通にかき鳴らす音と同じように弾くことが出来るんです。

   左用のギターももうその当時あったのに、なぜか右利き用のギターにこだわったそうです。

   それは、たとえばバーやスナックで酒を飲んでいるとき、何か歌を歌おうと思ったと気に、よく置いてあるのが、ギター。
   当然右利き用。そんなときでもすぐに弾いて、歌を歌えるように、右利きのギターを練習したそうです。
   ちょっとおしゃれな話じゃないですか?

   さて、「松崎しげる」といえば、後にも先にも「愛のメモリー」で、その後ヒット曲はございません。
   それでここまで、話題をよく引っ張ってきたもんだと思います。

   最近の動画もご覧ください。貫禄、落ち着きの「松崎しげる」を見ることが出来ます。2007年の動画「ワンダフル・モーメント」です。


                    

 

   デモでも、マニアはまだまだ知っていますよ。彼の素敵な曲を。この歌は、「ウィキペディア(Wikipedia)」にはなぜか
   出ていないんです。でも調べたら、You Tube にありました。

   「夕日の歌」という曲です。
   この歌を聴きながら「松崎しげるのコーナー」はおしまいにしたいと思います。
   ありがとうございました。

   「松崎しげる」「夕日の歌」です。

   「松崎しげる Offical Website」もどうぞ。

  
 
 
 J−POP MAN
 MALTA  T.M.Revolution   石井竜也  宇崎竜堂 
 奥田民夫  尾崎豊   小沢健二  小田和正 
 織田哲郎  久保田利伸  近藤房之助  斉藤和義 
 杉真理  鈴木慶一  鈴木雅之   谷村新司 
 つのだ☆ひろ  つんく  寺尾聰  徳永英明 
 所ジョージ 中西圭三  原田真二  氷室京介 
 平井堅  福山雅治  藤井フミヤ  布袋寅泰
 前田亘輝  槇原敬之  松崎しげる 
 森山直太朗   矢沢永吉  山下達郎  山根康広  


 
Copyright (C) J-POP アーチスト 名鑑 All rights reserved