J−POPアーティスト名鑑
 

竹内まりや(J-POP)

  竹内まりやのページ  
        1978年、シングル「戻っておいで・私の時間」、アルバム「BIGINNING」でアイドルデビュー。
        1979年、シングル「ドリーム・オブ・ユー」「SEPTENBER」
        1980年、シングル「不思議なピーチパイ」発売

        テレビ初出演のときは、確か、風船を片手に持ってミニスカートで出たのを覚えています。
        (しかし、その記憶も定かではなく、それがリアルマッコイズのときかもしれません)本文でどうぞ。
        1981年、アイドル的売り方に疑問を持ち、一旦休業。
        1982年、山下達郎と結婚。
        1984年、シングル「もう一度」、彼女自身の作詞作曲のアルバム「VARIETY」発売。
              それ以降は、アルバム、シングルともコンスタントに発売しながら、他のアーチストに
              楽曲もたくさん提供しています。 書き出すときりがありません。 印象に残る極を取り上げます

        今後とも、山下達郎と二人三脚で、ヒットを続けて欲しい、アーチストです。

 
  
 
 TOPJ-POP  WOMAN>竹内まりや
音楽
 

竹内まりや

   


   いまだに私は本物の「竹内まりや」を見たような気がしてならないのですが、記憶をたどってみると、
   どうも違うようです。

   もうこの歳になると、昔のことは、おぼろげになってしまう。 まだぼけるには早い。でも思い出せない。
 
   「竹内まりや」は慶應義塾大学のミュージックサークル「リアルマッコイズ」に在籍していました。

   そして、私の友人で、現在オヤジバンドを一緒にやっている「K」が、この「リアルマッコイズ」に
   入っていまして、私はそのコンサートを見に行ったのです。「新宿安田生命ホール」です確か。
   これは間違いない!

   もう35年近く前のことは、記憶に乏しいがね〜!(^-^)
   それが、大学1年の時か、2年の時かが問題。「竹内まりや」は私と友人「K」の1学年下です。
   って事は1年の時だったら、まだ彼女は、入学していないんです。

   でも私の脳裏には、「竹内まりや」が歌ってる姿があります。さてどうしてでしょう?

   たぶんこれは、テレビで始めて「竹内まりや」を見た記憶かもしれません。
   だんだん、そんな気がしてきました。。。確か風船を持って、歌っていました。
   
   だから、たぶんテレビで、もうデビューしてからのことでしょう。そして、風船を持って歌っていたのは、
   デビュー曲の「戻っておいで・私の時間」だったのでしょう。

   私の記憶違いなんでしょう。。。 でも見た記憶があってしょうがないんです。
   
   そのデビュー曲「戻っておいで・私の時間」です。これに当時の動画があればね。
   風船持ってたら。。。(You Tube では見つからないでしょう!)

   動画は本人じゃありませんが。


        
MENU
  TOP
  オールド J−POP
  グループサウンド
  フォークグループ
  フォークシンガー男性 
  フォークシンガー女性
  アイドル
  ジャニーズ系
  ジャパニーズロック
  ハロープロジェクト
  J−POP MAN
  J−POP WOMAN
  J−POP BAND
  ガールズロックバンド
  管理人プロフィール
 
ミュージック
 
   風船持って歌ってるのを、テレビで見た記憶がある人がいたら、教えてください。お便りください。きっとすっきりしますから。

   女性にしては、声がちょっと太く(失礼)ちょっと「伊東ゆかり」の声に似てるな!って思いました。

   でもルックス的にもかわいく、アイドルっぽい感じで出てきました。 このアイドルが、後にこんな有名な、アーティストになるなんて、
   思いもしなかったです。

   「戻っておいで・私の時間」は、「安井かずみ」作詞「加藤和彦」作曲「瀬尾一三」編曲のゴールデンコンビです。
   私はデビューアルバム「BEGINNING」も買いました。  その後出した「SEPTENBER」や

   「不思議なピーチパイ」もヒットしました。順風満帆でした。


   その頃の動画でしょうか? 楽しそうに歌っています「ゴダイゴ」とのコラボで「モンキーズ・メドレー」を見てくれますか?
   生き生きしています。私も「モンキーズ」は好きだったので、ここに載せました。


                      



   しかし彼女自身は、アイドル的売出し方に疑問を持っていたのですね。 で、自分で曲を作り始めた。これは有名な話です。

   突然休養宣言。そして突然「山下達郎」と結婚。
   調べたら、彼女は「山下達郎」のバンド「シュガーベイブ」が好きで、ライブを見に行ってたらしいのです。
   その後にたまたま、「山下達郎」がアレンジャーとして登場。そこで知り合ったのですね。そしてこのゴールデンコンビが、動き出すのです。

   そして、全曲「竹内まりや」自身が作詞・作曲したアルバム、「VARIETY」が出ます。私も買いました。

   竹内まりや節、健在でした。うれしかったですよ。

   それから3年(3年もアルバム出していなかったんですね)「REQUEST」が出ます。
   このアルバムは主婦業をやりながら、作ったんですね。このアルバムでは、ほかのアーティスト(特にアイドル)に提供した楽曲がたくさん
   入っています。「けんかをやめて(河合奈保子)」「元気を出して(薬師丸ひろ子)」「駅(中森明菜」「色・ホワイト・ブレンド(中山美穂)」が、
   入っています。

   各曲は、歌っているアイドル(アーティスト)の中で紹介していきます。

   探してみると、結構意外な曲もありました。え?これが、彼女が作った曲?っていう曲が。

   
   さらにまた5年後、「QUIET LIFE」を出しますが、その中のシングルカットされた曲「家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)」が、私は好きです。

   You Tubeも、なかなかホームページに埋め込みできる動画がありません。リンクいてみてくださいね。


   デモですね。私は、「竹内まりや」自身が作った曲ももちろん良いのですが、前後しますが、
   1980年に出したアルバム「LOVE SONGS」が好きでありまして、もちろんほかの人が作った曲が入っています。
   (「SEPTENBER」や「不思議なピーチパイ」も入っているのですが)
 
   この中に、私が好きな名曲があります。「FLY AWAY」・「象牙海岸」それに、またまた私がやってるオヤジバンドのことが出てきますが、
   バンドメンバーの一人で、12弦ギター担当の「I」がこれ良いよって聞かされたのが「五線紙」でありまして。

   あ〜こんな曲もあったな〜と懐かしく、聞きました。良い曲で、この中に「12弦ギターの、銀の糸張りかえ〜〜」ってあるんですね。
   だから、この「I」が気に入ったんだと思います。私も好きです。聞いてください「五線紙」

   
                    



   そして最近ではありますが、(といっても2007年)に、「Denim」という2枚組みのアルバムが出ました。

   これはかなりクォリティの高いアルバムで、聞いていて飽きません。

   山下達郎もFM番組「山下達郎のサンデーソングブック」の中で、「竹内まりや」を呼んで、(呼んだかどうか定かではないのですが、
   時々この番組に彼女が出てくるので、勘違いかもしれませんが)一生懸命宣伝をしておりました。確か全曲流したと思います。

   もちろん私も買いましたよ。乗りの良い「君住む街角」から始まります。スイングしたくなりますね。
   このアルバムの中で気になる曲は、「松たか子」に贈った「みんなひとり」がしっとりしてよいです。
   歌詞が泣かせます。この歌聴いてると涙が出てきます。

   本人のは削除されたみたいなので「松たか子」で聞いてください。

   
                      

        

   でもって、「竹内まりや」は私のブログ「J-POPの宝石箱」 ではたくさんの曲を取り上げていますので、曲はそちらでお聞きくださいね。

   彼女のコンサート、生で見たいと思いませんか。ライブ見たいです。ほとんど、露出がありません。
   調べてみると、「みんなの前で、歌いたくなったら歌う!」そうです。でももう50過ぎてるんですよ。
   そろそろ出てきてくれないと・・・

   私は見にどこでも行きます。というよりチケットが取れないでしょうね。もう見れないか!

   「竹内まりや」の所属する「ワーナーミュージック・ジャパン(竹内まりや)」の彼女のページです。

   まあゆっくりご覧ください。

   
 
 
 J−POP WOMAN
 AI  aiko  AKINA  BoA  BONNIE PINK  CHARA 
 Cocco  Crystal Kay  EPO GAO  hiro  hitomi 
 Kaoru Amane  Lyrico  MEGUMI  melody  Minmi 
 MISIA  NOKKO  SILVA  SPEED  UA  YUI  
 愛内里菜  相川七瀬  麻倉未稀  麻生よう子 
 安倍麻美  荒井由実  安室奈美恵  杏里  安良城紅 
 アンジェラ・アキ  飯島真理  石井明美  市川由衣 
 伊藤由奈   今井美樹  上田知華  上戸彩 
 宇多田ヒカル   内田有紀  宇徳敬子  大黒摩季 
 大沢あかね  大塚愛  大橋純子  岡村孝子  岡本真夜 
 荻野目洋子  尾崎亜美  鬼束ちひろ   葛城ユキ 
 加藤いづみ  鹿取洋子  華原朋美  上木彩矢 
 川嶋あい  川島だりあ 川村結花  木村カエラ  杏子 
 久宝留理子  倉木麻衣  倖田來未  小坂明子 
 後藤真希  小林明子  小比類巻かおる  小柳ゆき  
 沢田知可子  椎名林檎  篠原ともえ  篠原涼子 
 柴咲コウ  島谷ひとみ  庄野真代  白井貴子 
 鈴木亜美  タイナカサチ  高橋真梨子  高橋由美子 
 竹内まりや  谷村有美  玉置成美   ともさかりえ  
 永井真理子  中島美嘉  中原理恵  中村あゆみ 
 夏川りみ  浜崎あゆみ  浜田麻里  林明日香 
 林原めぐみ   久松史奈  一青窈  平原綾香 
 平松愛理  広末涼子  広瀬香美  深田恭子  藤本美貴 
 古内東子  松浦亜弥  松たか子  松田樹利亜 
 松任谷由実  観月ありさ  水越けいこ  森川美穂
 森高千里  矢井田瞳  八神純子  矢野顕子 
 山下久美子  山田優  山本朝海  山本潤子
 遊佐未森  リリィ   渡辺真知子  


 
Copyright (C) J-POP アーチスト 名鑑 All rights reserved